【北極海航路】世界で最も汚染された都市の燃料流出事故その後、永久凍土の融解で未知の病原菌が放出される

【ノリリスクには、古代の菌や温暖化ガスが詰まっている!?】
越境3.0チャンネルでも取り上げた閉鎖都市(秘密都市)ノリリスクの続報です。前回の動画では、ノリリスクの汚染された環境、レアメタル企業ノリリスク・ニッケル傘下の火力発電所の燃料貯蔵施設からディーゼル油(経由)が2万トン流出した事故をご紹介しました。

その後、時事通信社から「燃料回収作業に100億ルーブル(約160億円)、ロシア北極圏の流出事故」というニュース記事が発表されました。続々と新たな情報が明るみになる中で、新たな事実をご紹介させてください。

永久凍土は、富士山の頂上付近をイメージしていただくとわかりやすいと思います。2年以上温度0度以下の地盤であり、5万年~十数年前に蓄積された、マンモス等の絶滅種、トナカイ等の動物、植物が地面の下で凍ったままになっている土地です。

昨今の地球温暖化によって、こうした永久凍土は融解を続けています。その結果、地盤が落ち込み、ノリリスク・ニッケル傘下の燃料貯蔵施設が破損したということですが、そうであるならば、問題は「永久凍土上の全ての建物は大丈夫なのか?」と一般化されそうです。

永久凍土の融解から派生する問題は、上記の事例にあるような地盤沈下・地殻変動のみならず、地中に留まっていたメタンガス・炭素水素等温暖化ガスが排出されること、炭疽菌等過去のウイルス、病原菌が地上に拡散されることにも波及します。

実際に、Twitterで、永久凍土を爆発させる動画が注目を集めていましたし地下にメタンガスを採掘しに行くことで環境を汚染してしまう事例もあります。また、2016年にロシア極北ヤマロ・ネネツ自治管区では、永久凍土下で凍っていたトナカイに感染していた炭疽菌(病原菌)に、人間が集団感染したこともあります。

エネルギーや非鉄金属工業など、人々の暮らしを支える経済の柱ですが、水面下には様々な問題を抱えているノリリスクについて、皆さんはどう思いますか?

【北極圏の過去動画】
★【北極海航路】ロシア非常事態宣言!世界で”最も汚染された”北極圏の秘密都市から軽油が大流出

★【北極海航路】ホッキョクグマの共食いが増加?!温暖化とガス田開発の裏側

★【北極三国志】アメリカがグリーンランドに資金拠出、中国はレアアースの世界独占、ロシアは?

 

★2ndチャンネルはじめました
記憶と経験だけで、ゆるく楽しく無編集で世界のお話をします
「石田和靖のおしゃべり」チャンネル登録よろしくお願いします
https://www.youtube.com/channel/UCa8I3DTw-yCHoXk2i_x1PxQ

【もっとずっと世界を楽しく身近に 〜世界と繋がりたい方へ〜】
★越境3.0オンラインサロン
https://community.camp-fire.jp/projects/view/62353

★Twitter、facebook気軽にフォローください

https://www.facebook.com/kazuyasu.ishida

★著書「行動できない自分」を勝手に変えてしまうスゴイ方法(きずな出版)
https://amzn.to/2DTirjU

 

記事作成日:2020/6/9

 

 

関連記事

  1. 2020-5-6

    【おうちで海外旅行気分】実際には行けないから動画で体感しよう(WITV GW 特別企画)

    ※ドバイEXPO 2020は1年延期が決定しました。撮影はコロナウイルスの アウトブレイク…

おすすめ動画

  1. FX初心者必見!「ちょいワル先生の今週の一発予想!」 00:00 オープニングトーク …
  2. ■儲からん不動産投資を見ていただいている方に、不動産投資の 無料個別相談(90分)をご提供…
  3. ヘッジファンド様の運用を大量生産するARP(オルタナティブ・リスク・プレミア)が機能しないマ…
  4. ■儲からん不動産投資を見ていただいている方に、不動産投資の 無料個別相談(90分)をご提供…
  5. イスラム教の歴史の解説はなかなか一筋縄ではいきません。しかし今回は「イスラム教の起源」を1枚…

海外ロケ

  1. 2020-8-10

    【Q&Aライブ:海外あるある】海外で出会ったひどい経験(01:30からご覧ください)

    (01:30からご覧ください) 本日のYouTubeライブは、海外で出会った酷い経験の話を…
  2. 2020-5-15

    世界のホテルレビュー4/JWマリオットマーキスドバイ JW Marriott Marquis Dubai

    【日本人に人気のドバイの超高層ホテル】 客室数世界最大級、ホテル単体の高さでは世界第二…
  3. 2020-5-6

    【ドバイEXPO2020】総工費550億円!豪華絢爛アブダビのシェイク・ザイード・グランドモスクに異変?!

    【アブダビのモスクに入場できなくなる日】 世界で6番目に大きいモスク、異教徒も入場可能…
  4. 2020-5-5

    【ドバイEXPO2020】度肝抜く人類史上最大の万国博覧会!巨大過ぎる開催予定地へ行ってきた

    ※DUBAI EXPO2020は【COVID‗19】の影響で1年間の延期が本日発表されました…
  5. 2020-5-5

    【SDGs】石油を一滴も使わない?砂漠の中に生まれた近未来都市マスダールシティに潜入

    【産油国が石油を使わなくなる?!】 世界有数の産油国、アラブ首長国連邦のアブダビ首長国…
ページ上部へ戻る