【アフターコロナの世界】未曾有の金融緩和を続けても、それでも日本がデフレに向かう理由

【アフターコロナは、インフレ?デフレ?】
アフターコロナがリーマンショック以降、政府は多種多様な政策を施し、実体経済を成長させてきた一方で、世界の中央銀行は金融緩和によって、金融経済を刺激してきました。金は余り、株価上昇、融資の利用のしやすさも相まって、不動産価格の上昇や実体経済は成長を続けてきました。低金利時代です。

2020年に入り、安倍晋三首相が「デフレ」について触れることが減りましたが、日銀のインフレ目標2%は達成されず、足元の経済とりわけホテル会社や飲食店の粗利率は低く、慢性的に中小零細企業の体力に余力はありませんでした。そうした環境下で、新型コロナウイルス感染症の影響が拡大し、一時的にロックダウン(都市封鎖)が発生しました。体力のない多くの企業が大打撃を受け、多くの倒産(デフォルト)が発生し、多くの人が仕事を失い、有効求人倍率は低下しました。

日本では定額給付金(10万円給付金)や持続化給付金など多くの政策が発表されましたが、各国政府の財政出動は拡大し、FRB(米連邦準備理事会)、ECB(欧州中央銀行)、日本銀行、中国人民銀行といった中央銀行は、金融緩和を継続することによって、実体経済に影響を与えようとしました。そうした政策によって、株式は上昇しましたが、ロックダウン解除後にも実体経済は全快したとはいえず、店舗などの不動産は空室が増えました。

コロナショックがインフレ/デフレのどちらをもたらすかについては簡単な予測は困難ですが、デフレとインフレの基本要因を振り返りながら、アフターコロナ下におけるありうるシナリオや私たちが、コロナ後の社会変容にどう付き合っていくべきかについて解説します。

 

★2ndチャンネルはじめました
記憶と経験だけで、ゆるく楽しく無編集で世界のお話をします
「石田和靖のおしゃべり」チャンネル登録よろしくお願いします
https://www.youtube.com/channel/UCa8I3DTw-yCHoXk2i_x1PxQ

【もっとずっと世界を楽しく身近に 〜世界と繋がりたい方へ〜】
★越境3.0オンラインサロン
https://community.camp-fire.jp/projects/view/62353

★Twitter、facebook気軽にフォローください

https://www.facebook.com/kazuyasu.ishida

★著書「行動できない自分」を勝手に変えてしまうスゴイ方法(きずな出版)
https://amzn.to/2DTirjU

 

記事作成日:2020/6/8

関連記事

  1. 2020-5-6

    【おうちで海外旅行気分】実際には行けないから動画で体感しよう(WITV GW 特別企画)

    ※ドバイEXPO 2020は1年延期が決定しました。撮影はコロナウイルスの アウトブレイク…

おすすめ動画

  1. FX初心者必見!「ちょいワル先生の今週の一発予想!」 今日の注目通貨は・・・ 概要欄のコ…
  2. ■儲からん不動産投資を見ていただいている方に、不動産投資の 無料個別相談(90分)をご提供…
  3. ■儲からん不動産投資を見ていただいている方に、不動産投資の 無料個別相談(90分)をご提供…
  4. イラン核合意復帰で中東危機に向かうのか?バイデンの政策転換はアラブに大きな影響を及ぼすかもし…
  5. イギリスが開発した「ダイアモンド電池」とは何か?それは核燃料を再利用した新しい電池技術です。…

海外ロケ

  1. 2020-8-10

    【Q&Aライブ:海外あるある】海外で出会ったひどい経験(01:30からご覧ください)

    (01:30からご覧ください) 本日のYouTubeライブは、海外で出会った酷い経験の話を…
  2. 2020-5-15

    世界のホテルレビュー4/JWマリオットマーキスドバイ JW Marriott Marquis Dubai

    【日本人に人気のドバイの超高層ホテル】 客室数世界最大級、ホテル単体の高さでは世界第二…
  3. 2020-5-6

    【ドバイEXPO2020】総工費550億円!豪華絢爛アブダビのシェイク・ザイード・グランドモスクに異変?!

    【アブダビのモスクに入場できなくなる日】 世界で6番目に大きいモスク、異教徒も入場可能…
  4. 2020-5-5

    【ドバイEXPO2020】度肝抜く人類史上最大の万国博覧会!巨大過ぎる開催予定地へ行ってきた

    ※DUBAI EXPO2020は【COVID‗19】の影響で1年間の延期が本日発表されました…
  5. 2020-5-5

    【SDGs】石油を一滴も使わない?砂漠の中に生まれた近未来都市マスダールシティに潜入

    【産油国が石油を使わなくなる?!】 世界有数の産油国、アラブ首長国連邦のアブダビ首長国…
ページ上部へ戻る