【環境問題】汚染された国ワースト5、新型コロナで世界の大気汚染が50%も改善?!

【コロナで環境がよくなった?】
「二酸化炭素、オゾン(O3)、メタンガス、PM2.5、PM10(ソ粒子状物質)、一酸化炭素(COM)、二酸化硫黄(SO2)」という言葉を日々ニュースで見すぎたせいでしょうか。「環境問題、地球環境」関連のニュースで、心が揺れ動くことが少なくなっていました。

しかし、越境3.0チャンネルで、ロシアの閉鎖都市ノリリスクの凍土融解を取り上げたときに「地球は思ったよりもやばいのではないか?」と考え直し、今回は世界中の大気汚染について調べてみました。

一方で、バッシ―は4月に東京の街を歩いていると、「空気がきれいになった?」と感じたそうです。実際はどうなのでしょうか?

実際には、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が世界中の環境問題(主に大気汚染、水質汚染)を劇的に改善していました。自動車、人の移動、飲食店舗、工場の稼働等が都市封鎖(ロックダウン)によって大きく制限されたためです。それだけではなく、スタンフォード大学の研究によれば、コロナ禍による大気汚染改善により、7万7000人の命が救われたとのことです。

例えば、ニューヨーク州(アメリカ)ではPM2.5は記録的にきれいになったという観測がありました。パンジャーブ州(インド)では、スモッグが晴れて、30年ぶりにヒマラヤ山脈を見渡せるようになったという比較写真が話題になりました。イタリアの水の都ベネチアの運河は、道頓堀のような水質汚染が問題でしたが、透明感がでるほどにきれいになっていました。

空気質指数(大気質指数、AirQualityIndex)は大気汚染の程度を示す指標です。人口密集、銅採掘、鋳造等の向上の廃棄が盆地にたまっているチリの首都サンティアゴ、パリ協定で改善傾向にありますが現在も石炭産業世界一の中国河北省、米国(ウィスコンシン州、ニューヨーク、アラスカ州)、急激に人口増加したインドの首都デリー、重工業・タール砂漠の砂嵐・サバクトビバッタを抱えるラジャスタン州、自動車工場やメキシコ石油が集中するコアウイラ州等々。中には健康にとって「危険」水準を大きく超える都市もありました。

 

★2ndチャンネルはじめました
記憶と経験だけで、ゆるく楽しく無編集で世界のお話をします
「石田和靖のおしゃべり」チャンネル登録よろしくお願いします
https://www.youtube.com/channel/UCa8I3DTw-yCHoXk2i_x1PxQ

【もっとずっと世界を楽しく身近に 〜世界と繋がりたい方へ〜】
★越境3.0オンラインサロン
https://community.camp-fire.jp/projects/view/62353

★Twitter、facebook気軽にフォローください

https://www.facebook.com/kazuyasu.ishida

★著書「行動できない自分」を勝手に変えてしまうスゴイ方法(きずな出版)
https://amzn.to/2DTirjU

 

記事作成日:2020/6/12

 

関連記事

  1. 2020-5-6

    【おうちで海外旅行気分】実際には行けないから動画で体感しよう(WITV GW 特別企画)

    ※ドバイEXPO 2020は1年延期が決定しました。撮影はコロナウイルスの アウトブレイク…

おすすめ動画

  1. FX初心者必見!「ちょいワル先生の今週の一発予想!」 00:00 オープニングトーク …
  2. ■儲からん不動産投資を見ていただいている方に、不動産投資の 無料個別相談(90分)をご提供…
  3. FX初心者必見!「ちょいワル先生の今週の一発予想!」 00:00 オープニングトーク …
  4. ■儲からん不動産投資を見ていただいている方に、不動産投資の 無料個別相談(90分)をご提供…
  5. ヘッジファンド様の運用を大量生産するARP(オルタナティブ・リスク・プレミア)が機能しないマ…

海外ロケ

  1. 2020-8-10

    【Q&Aライブ:海外あるある】海外で出会ったひどい経験(01:30からご覧ください)

    (01:30からご覧ください) 本日のYouTubeライブは、海外で出会った酷い経験の話を…
  2. 2020-5-15

    世界のホテルレビュー4/JWマリオットマーキスドバイ JW Marriott Marquis Dubai

    【日本人に人気のドバイの超高層ホテル】 客室数世界最大級、ホテル単体の高さでは世界第二…
  3. 2020-5-6

    【ドバイEXPO2020】総工費550億円!豪華絢爛アブダビのシェイク・ザイード・グランドモスクに異変?!

    【アブダビのモスクに入場できなくなる日】 世界で6番目に大きいモスク、異教徒も入場可能…
  4. 2020-5-5

    【ドバイEXPO2020】度肝抜く人類史上最大の万国博覧会!巨大過ぎる開催予定地へ行ってきた

    ※DUBAI EXPO2020は【COVID‗19】の影響で1年間の延期が本日発表されました…
  5. 2020-5-5

    【SDGs】石油を一滴も使わない?砂漠の中に生まれた近未来都市マスダールシティに潜入

    【産油国が石油を使わなくなる?!】 世界有数の産油国、アラブ首長国連邦のアブダビ首長国…
ページ上部へ戻る